|  ABOUT KURASHIKI JAZZ STREET  |  サイトマップ  |  TOP  |


- バンド登録の流れ -

1. 登録規約に同意
本ページ下方をご参照ください。



2. 必要事項を入力 
バンド名、登録ID、メンバー名,E-mailアドレスなど



3. 内容を確認して送信



4. 自動返信メールの受信(仮登録完了)



5.
登録完了通知メールの受信
(まだ出演決定ではありません)



6.
実行委員会による審査



7.
最終審査結果発表 出演決定!!
落選の場合は2次募集へ


※2018年度までの応募方式と変更になっていますのでご注意ください。



< ご出演までのおおまかな流れ >


そのコンセプトは「町家スタイルで楽しむJazz」。

美観地区内の店、寺、アトリエ・・・多くの小さな会場でJazzが一斉に溢れる。

狭いからこそ、近くで、生のアコースティックな音楽を楽しめる。
 
この「町家スタイル」こそが倉敷ジャズストリートのコンセプトです。

参加されるすべての方にとって、よりよいイベントとするためにも、
出演される皆様には、以下の事項の了承をしていただく必要があります。

ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。


[ 倉敷ジャズストリート規約 ]

1.
倉敷ジャズストリートの趣旨が「町家スタイルで楽しむジャズ」であることをご理解ください。もっと大雑把に言えば、「ジャズ」のイベントのため、ジャンルは「広義の意味でのジャズ」に限定させていただきます。広義のジャズとは、アドリブを含むジャズ要素があるものをいいます。またジャズスタンダードなどをポップススタイルで演奏するなど最低限「ジャズ」と言える何かしら「ジャズの要素」があるものと定義します。
アドリブを含むジャズ要素のない一般的なポップス、ロック、歌謡曲など完全にジャズ以外のジャンルの方はご遠慮ください。

   
2.
出演機会が限られる場合があります。
会場の広さの問題から、ドラムセットの設置が不可能な会場も多く、バンド編成等により出演機会が2日間を通して1回のみとなることがあります。

   
3.
会場に用意されている機材には限りがあります。
各会場には、ピアノ(もしくは電子ピアノ)とドラムセット、簡易PA+マイク1~3本、、マイクスタンド、ベースアンプの準備となります。
一部会場を除き、基本的に、ギターアンプ、シンバル&スネア&キックペダル、譜面台などの機材は全て バンド様の持ち込み となります。
※ピアノ、ドラムは設置のない会場もあります。

 
4. 音量の制約が発生します。
どの会場も狭く、古民家や蔵などを改築したものであることから、音量の制約が発生し、必然的にフュージョンやジャズロックといった大音量の音楽は限定された会場でのみの演奏となりますので、応募バンド数によっては音源審査を通過しても、会場がないためご出演できない場合もございます。
なお、アコースティック楽器やパーカッションを利用するなどして音量等の制約を解決していただければこの限りではありません。
ピアノやドラムが設置されていないのはスペースがないからと考えてください。バンドでの持ち込みも不可です。

   
5.
1バンドのメンバーの総数の上限は10名です。 (吹奏楽・ビッグバンドは除く)
狭い会場が多いため、大所帯のバンドは落選する可能性が高くなります。
曲ごとにメンバーが入れ替わる場合でもステージ上には最大10名までとさせていただきます。

メンバーが同じで代表者が違うだけの応募が複数ある場合すべてまとめて1バンドとみなします。
これ以外にも 「悪意」 がある応募と思われる場合は応募全てを無効とします。
良識あるご応募をお願いいたします。

   
6.
出演時間帯は、基本的に「11~19時の間で出演」という前提でお申し込みください。 出演日の指定は可能ですが、時間の指定はできません。

出演会場の希望に関しては、あくまでアンケート程度にお考えください。
希望会場の抽選が外れた場合は別会場、もしくは落選となります。
またピアノやドラムが設置されていない会場にピアノ、ドラムのメンバーがいるバンドは受付不可となります。 (希望なし扱いとします)

   
7.
各会場には基本的に控え室はないものとお考えください。
「本町会館(21時閉館)」、倉敷物語館「和室(20時閉館)」、倉敷市立美術館3F「第一会議室(17時閉館)」をミュージシャンサロンとして開放する予定です。
近隣の会場での出演前までの待機はこちらでお願いします。
セキュリティ等の問題を了承すれば楽器等の仮置きも可能です。

また美観地区内であるため移動も自動車・自転車は利用できません。
(歩行者が大変多い&車両進入禁止区域が多いため)
美観地区は倉敷ジャズストリートの来場者以外にも多くの観光客がお越しになられます。そのため、駐車場は一度出てしまうと、もう入れなくなることが多いので車より徒歩の方が時間的には早くなります。

駐車場も1バンドに1台分の無料駐車場を近隣企業のご厚意により用意させていただいていますが、少し距離があります。(例年の利用率は70%程度)
指定駐車場以外の駐車場をご利用される場合は各自でご負担ください。指定駐車場と間違えて停めた場合も各自でご負担ください。
会場となる美観地区周辺は慢性的に駐車場不足 、値段も異常に高めとなっておりますのでご理解ください。(数千円になるところも・・・)

また、会場前への自動車での乗り付け、駐車は絶対にしないでください。
会場およびお客様の迷惑となります。事故防止の観点からも徹底してください。

進入禁止、時間帯一方通行、駐車違反などの違反キップを切られても当実行委員会は責任を負えません。

   
8.

出演料(ギャランティ)はありません。
いかなる理由でも、実行委員会からは交通費、駐車場代、宿泊費、食費などは出ません。

倉敷ジャズストリートの主催は、倉敷市・岡山県などの自治体ではありません。
実行委員会も運営スタッフも全てボランティアで構成されており、出演ミュージシャンも含めイベントの人件費は全て無償奉仕により成り立っています。 また資金も乏しいため、会場費、機材費などの主たる資金源はチケット収入になっています。 以上の点をご理解ください。

   
9.

<出演者に対するカンパについて>
過去お客様との間でトラブルがあり、カンパ行為を禁止していましたが、2019年度より条件付きでカンパ可とします。

・カンパに関わるトラブルは実行委員会は一切関与しません

・カンパ箱をお客様一人ずつに回すなど、カンパの強制と捉えられるようなやり方は禁止します。あくまで善意、任意のカンパというのが分かるように、やり方を工夫してください。

・カンパ箱はご自身でご用意いただき、ご自身で管理して下さい

・ゴミなどが出ないようにしてください。

・倉敷市立美術館、倉敷西小学校は
カンパ禁止です。(罰則があります)

 

・規約違反が判明した場合、全メンバーの次年以降のイベント参加は不可となりますのでご注意下さい。

   
10

アーティストに関わるもの以外の物販、およびチラシ類の配布はできません。
良識の範囲でお願いします。特に宗教・政治関係のものは一切お断りします。
CDやグッズなどを販売する場合は会場の許可を得てください。

 倉敷市立美術館、倉敷西小学校は
物販禁止です。(罰則があります)

   
11.

参加されるミュージシャン全員に、チケットの販売のご協力をお願いしています。
(代表者様に郵送にてお送りします) 。

メンバー1名あたり5枚(チケット1枚1000円@前売価格)での販売をお願いします。

2019年度より、複数バンドをかけもちする方は、バンド数×5枚となります。(例:2バンドに出演=2×5=10枚)。

帆布チケット、缶バッジチケットの2種類があります。お好きな方をお選びください。(ミックス可)



登録規約をよく読みになり、ご理解いただけましたでしょうか?

例年、規約を読まずお申し込みになるバンド様がいくつかございますが、
以上の内容を事前に了承していただけるバンドのみ、登録をお願いいたします。

これらの内容にそぐわないと倉敷ジャズストリート実行委員会が判断した場合、
登録完了後であっても、登録を取り消させていただく場合が
ありますことを予めご了承ください。

    
第一次募集
2019年7月1日~14日

第二次募集
2019年7月20日~31日